5年生は、総合的な学習の時間で「米作り」を行っています。春の終わりに稲の苗を植え、夏休みを経て、稲穂がたわわに実りました。実った稲穂をいよいよ収穫です。子どもたちが自分で田植えしたところを刈り取りました。収穫できた喜びや達成感に溢れ、とてもよい収穫体験となりました。

 このあとは、稲を干し、脱穀、精米をします。はたして味はいかがでしょうか。楽しみです。