4年生は図工で「わすれられない気持ち」という学習で、作品作りを行いました。これまで経験した中で、印象深い場面で感動したことやうれしかったことなどを絵の具やクレパスを使って絵に表しています。

 試合で活躍したこと、旅先で出合ったことなど子どもたちならではの場面が多かったです。その後、できた作品をクラスのみんなで鑑賞し、お互いでよいところをカードに書きました。

 色・線の使い方、画材の選択、題名の発想やアイディアなど様々な観点から、クラスのみんなの作品のよいところを見つけることができました。