6年生は図工で「固まった形から」という学習で作品作りに取り組んでいます。液体粘土を布を浸し、缶や紙コップ、竹串などを使って、高さと立体感のある土台を作りました。

 その後、液体粘土が固まり、うねりやひねり、のびなどの動きがある土台に、子どもたちは、これらの固まった形から想像できたものを色などで陰影をつけて、立体作品に仕上げていきます。

 子どもたちの自由で独創的な感性を生かした作品の完成が楽しみです。