5年生は家庭科で「ソーイング はじめの一歩」という学習に取り組んでいます。裁縫道具を使って、作る目的や安全な道具の使用方法を学習しています。

 玉結びや玉止めを学び、その後、基本の縫い方「なみ縫い」「返し縫い」「かがり縫い」ができるようになりました。

 最後は、それぞれお気に入りの柄の布を準備し、ティッシュケースを作りました。

 裁縫道具は、防災用品としても重宝します。いざというときに、学んだことが生かされますね!