2年生が体育で新体力テストの『立ち幅跳び』を取り組んでいました。

 立ち幅跳びは跳躍の力強さとタイミング、そしてすばやく動き出す瞬発力をみるものです。助走をつけず、手をしっかりと振り、腰を低くし足のばねを使って、跳びます。

 周りで応援する子どもたちが『せーの』とタイミングよく声をかけ、しっかりと跳べた子に称賛し、うまく跳べない子にはアドバイスをして応援していました。測定する子は自信をもって跳ぶことができていました。

 2年生のチームワークが素晴らしいかったです。