6月4日(火)の授業中、3年2組の教室に一匹のトンボが飛んできました。

「あれ?なんかいつも見るトンボとちがうぞ。」とすぐに気づいた子どもたちが捕まえてみると…。なんと、絶滅危惧種(環境庁)にも指定されている「アサヒナカワトンボ」でした!

 「これが佐野さん(観音崎自然博物館学芸員)が言っていた幻のトンボだ!」と子どもたちは目をキラキラと輝かせていました。朝比奈小学校の自然の素晴らしさを改めて感じました。