10月1日から読書週間が始まり、1か月が経ちました。たくさん本を読んで、図書委員の児童や学校司書さんが用意したご褒美をもらいに来る子も数多くいました。今回は10月18日(木)に行われた、読書集会の様子をお伝えします。

 図書委員の子どもたちが相談して、劇の題材として選んだ本は「11ぴきのねこふくろのなか」。夏休みの前から準備を始めて、休み時間に小道具を作ったり練習を重ねたりしてきました。本番はステージ上で猫たちや、化け物「ウヒアハ」を演じて全校児童を楽しまることができました。

11月9日で新井小学校の読書週間は終わってしまいますが、これからもたくさんの本に親しんでほしいです。