6年生は、税理士の方をお招きし、租税教室を行いました。「税金とは何か。それはどのような役割をしているのか。」をテーマにお話を聞いたり、クイズに取り組んだり、動画を見たりすることを通して、税金について学びました。

 

 自分たちの身の回りには、税金によって管理されているものがたくさんあることに気付き、税金が活用されることの大切さを理解することができました。最後には、1億円が登場。(もちろん本物ではありませんが…)その、量や重さを肌で感じることができ、よい経験となりました。