先日、4年生最後の学年行事となる、二分の一成人式を行いました。年が明けてから本格的に準備を始め、わずか1カ月足らずで本番を迎えるというタイトなスケジュールでしたが、総合的な学習の時間だけでなく休み時間も返上して準備をする姿が見られました。

 子どもたちにやりたいことを聞いた際、劇を見せたいという声が非常に多かったので全員参加型の劇を行いました。基本的なせりふは自分自身で考え、それをグループでつなぎ合わせていき、全体の劇として仕上げました。

 テーマは『夢』。

     

 10年後の自分はどんな大人になって、どんな仕事をしているんだろう…。これからの自分たちの将来に思いをはせて、堂々と演じることができました。

 ここはゴールではなく、明るい未来への通過点です。自分の夢へのスタートをしっかり切り、立派な高学年として新井小学校を引っ張っていってもらいたいと思います。