10月13日(木)に、横浜Fマリノスのコーチが学校に来て、2年生にサッカーを教えてくれました。

まず、ユーモアのある自己紹介を子どもたちは夢中になって聞きました。

その後は、人にぶつからずに走る練習や、ボールをパスする練習、ドリブルの練習をしました。分かりやすく的確なヒントをもらい、「できた!」という声が多く聞こえました。女子と男子に分かれて試合もしました。ボールを蹴るコツをつかみ、楽しく試合ができて、2時間があっという間でした。

運動の後は、給食も一緒に食べて、コーチからのお話がありました。たくさん食べること、好き嫌いなくいろいろなものを食べることの大切さをお話いただきました。

サッカーと食の話を聞き、子どもたちにとってよい経験となりました。