6年生は2時間目、3時間目に租税教室を行いました。税理士の方をお招きし、『税金とは何か、どんな役割をしているのか』についてお話をしていただきました。世界の国々の消費税率や税金の種類、どのように使われているのかなど、たくさんのことを新たに知ることができました。また、授業の後半には『税金が無くなると、どのような暮らしになるのか…』についてのDVDを鑑賞し、税金を支払うことで自分たちの暮らしが豊かになっていることを改めて確認することができました。

 子ども達にとって身近な学校。ここにも税金が使われていることを知りました。プールの建設には約1億円かかるそうです。その1億円の札束がなんと、ジュラルミンケースから出てきたのです。これには子ども達も大盛り上がり。(お札は見本ですが…)実際に、1億円の札束を持たせていただき、その重さと量に驚きを隠せないようでした。

 新井戦隊TOPSにとって税についての知識を深め、また一つレベルを上げた1日となりました。