先日、人権学習の一環として点字体験学習を行いました。4年生の国語の教科書に掲載されている「手と心で読む」で、すでに点字について学習したり調べたりしていたので、子どもたちのワクワクしている様子が伝わってきました。

 

 点字の読み方は左から右の横書きに統一されています。また、打ち方は普段わたしたちが書いている字(墨字というそうです)とは反対に、右から左へ打ち出していくそうです。そういった違いや濁音や長音、数字の打ち方も丁寧に説明していただき、実際に自分たちで専用の器具を使って紙に打ち出してみました。

 

 活動を始めると自分の名前やクラスを夢中で打って、いつの間にか用紙いっぱいになるまで練習する子も出てくるほどでした。一通り練習した後に、点字で自分の名刺カードを作成して大切に持ち帰ることができました。

 

 今回の体験を通して、普段自分たちの使っている言葉との違いを身をもって感じることができ、一文字一文字打つ大変さとともに分かりやすく読むための工夫があるということを知ることができました。