6年生は、人権・福祉学習の一環として社会福祉協議会の方々、テンダーよかボラのみなさん、グループ麦のみなさんを講師としてお招きし、高齢者疑似体験と車椅子体験を行いました。

 高齢者疑似体験では、体験用の道具を身に着けて、いつものように歩いてみたりお箸でものをつかんでみたりしました。

 車椅子体験では、乗る側も押す側も体験しました。段差や坂があるときはどうするのか、実際に操作しながら教えていただきました。

 貴重な経験を通して、高齢者や体の不自由な方々の思いに気づき、その方たちの目線で日常生活について考えることができました。