6月30日(木)の3・4校時に、5年生を対象に、しょう油組合からしょう油博士の田川さんをお招きし、

「しょうゆもの知り博士の出前授業」を開催しました。しょう油の香りをかいで、何種類の香りが混ざっているのかを予想したり、原料を見せていただいたり、しょう油諸味や生しょう油、市販のしょう油の味見をしたりしました。

 初めて知ることも多く、みんな、興味深く話を伺いました。

 

 ホットプレートの上でしょう油を蒸発させて、しょう油の香りを確かめました。

「せんべい」「焼きおにぎり」「お祭り」など、香りからイメージできるものをたくさん出し合いました。

 

 しょう油の香り成分は約300種類だそうです。

 

 実際の麹菌を見せていただきました。

 

 最後は味見をさせていただきました。

 

 麹菌は瓶の中でも生き続けていることを聞いて驚きました。「どうやったら死んでしまうんですか?」の質問に、「80°~100°の温度で死んでしまいます。それを火入れといって、市販のしょう油は生しょう油の醗酵を止めて出荷しているのです。」と説明していただきました。

 驚くことの多い、楽しい授業でした。ありがとうございました。