令和2年10月7日(水)

6年生がソーラン節で使用するバンダナを、環境にやさしい染料を使って染める活動を行いました。このバンダナをマスク代わりにつけることで、息が吸いやすくなり、かけ声も出しやすくなります。このバンダナは子ども達のアイデアから生まれたもので、環境にやさしいものを選択した事も「持続可能な開発目標(SDGs)」に結び付く考えです。様々な学習がつながり、このバンダナが生まれました。