令和2年8月26日(水)

相沢小の社会科主任である吉野先生が「健康なくらしとまちづくり」の単元の、「ごみはどこへ」の授業を行いました。子どもたちの発言を引き出しながらまとめ上げていく過程をみていると、授業は子どもたちと一緒に作り上げていくものなのだということを改めて考えさせられました。