令和2年7月21日(火)

相沢小学校では熱中症対策の一環として、熱中症対策機器を導入しております。この機器は温度と湿度を計測し、子どもたちが屋外で活動しても大丈夫かを判断するための指数を示してくれるものです。この日も児童支援専任の吉田先生が機器をチェックし、子どもたちが安全に屋外で活動できるかを確認していました。