まいとし,1月24日は給食きねんびです。

1月24日をはさむ1週間を給食週間とし,日ごろなにげなく食べている給食にかんしんをもち,しょくじについて学ぶいろいろなかつどうが行われています。


学校給食の歴史

明治22年  山形県鶴岡町の忠愛小学校(お寺)で,お弁当を持ってくることのできない子どもたちのために,おにぎりとおかず(さけ・つけもの)の昼食を出したのが学校給食のはじまりです。

昭和7年   学校にこられない子や,体の弱い子をすくうために,全国各地で給食がはじまりました。

昭和19年  戦争で食べ物が少なくなって,米・みそなどのとくべつ配給の学校給食がじっしされました。(六大都市)

昭和21年12月24日 外国からおくられたミルクやかんづめで,学校給食がはじまりました。給食記念日は12月24日になるところですが,冬休みにはいってしまうので,1ヶ月後の1月24日を給食記念日とするようになりました。




〜横浜市の学校給食の歴史〜

              
昭和21年12月 鶴見区の岸谷小学校で給食がはじまりました。
昭和22年ごろ みそしるかすましじる・脱脂粉乳(だっしふんにゅう)の給食でした。
昭和26年ごろ 週3〜5日,コッペパン,みそしる,脱脂粉乳(だっしふんにゅう)などの,「パン,ミルク,おかず」のそろった「完全給食」がはじまりました。  このころの給食のようすのしゃしんへ
昭和31年ごろ パン,マーガリンやジャム,脱脂粉乳(だっしふんにゅう),おかず(しるもの,にもの)など,給食にいろいろなものが出るようになりました。
昭和41年ごろ 脱脂粉乳(だっしふんにゅう)が牛乳(びんいり)になりました。おかずはしゅるいがふえ,主菜(しゅさい→おもなおかず)+副菜(ふくさい→おもなおかずのえいようやあじをおぎなうおかず)のくみあわせになりました。
昭和52年ごろ びんいりの牛乳から紙ようきいりの牛乳になりました。
昭和56年 ごはんがこんだてにとりいれられました。
平成1年ごろ ごはんが週に2回になり,魚をつかったこんだてもふえました。
平成12年度 @卵アレルギーの児童があんしんしてたべられるように,フライやハンバーグなどの加工食品に卵をつかわないことになりました。                                
Aソーセージやハムに入っている発色剤(はっしょくざい)は店で売っている物の1/5の量でしたが,無添加(むてんか)の物を使うようにしました。
平成13年度 @遺伝子(いでんし)組み替え(くみかえ)食品(しょくひん)を使わないというもくてきで米の油をつかうことになりました。
Aパンの種類がふえました(くろしょくパン,8mmチーズパン,バターブレッド,ツイストロールパン)
平成14年度 @ごはんの回数が週2回から2週で5回(1週間に2.5回)になりました。     
A主食(しゅしょく)のしゅるいがふえました(すめし,おせきはん,むぎごはん,ターメリックライス,はいがごはん,はい芽パン)     
B日本でとれたこむぎこを20%ブレンドしたパンがとうじょうしました。(コッペパン,ドッグパン,まるパン,バンズパン,ねじりパン,ロールパン,サンドパン,ツイストロールパン)
平成15年度 横浜でとれる野菜を使ったこんだてを小学生が考える、はま菜ちゃん料理コンクールが始まりました。
平成16年度 はま菜ちゃん料理コンクール入賞作品「はま菜チャンプル」が初めて給食になりました。
平成21年度 横浜開港150周年記念、横浜市学校給食スペシャルメニューを作りました。     
(はいが丸パン,牛乳,リヨン横濱(よこはま)風スープ,ポテトリヨネーズ,アイスクリーム)
平成23年度 平成23年3月11日 東日本大震災が発生しました。学校給食も震災の影響を受けました。
平成25年度 給食を作っている小学校と特別支援学校は合わせて355校。1日約19万食を作っています。
平成29年度 @ごはんの回数が2週に5回から7回(1週間に3.5回)になりました。     
A5月に横浜市の全小学校で「ベイスターズ青星寮カレー」が提供されました。


食べものアイランドにもどる