例年、エネルギーの授業の単元に合わせ、3年生の9クラスすべてに、「東京ガス エネルギー・環境プログラム 燃料電池ってなんだろう?」の出前授業が行っていただいています。そして今年もご来校いただきました。学校単体だとなかなか大がかりな実験道具が用意できませんが、この出前授業で、風力発電(うちわで生徒が実践)、太陽光発電(電球で社員の方が実演)、ガスを使った発電(生徒一人ひとりが実験)と様々なエネルギーを体験・体感させていただくことが出来ました。