ESS部の活動紹介

 

 今日はボランティアとしてESS部の活動を支援していただいている方が来校する日です。そこで、放課後ESS部が活動している教室の扉をあけたとたん、子どもたちの楽しそうな明るい笑い声と英語が聞こえてきました。ボランティアの先生を囲んで、各自が持ってきた写真について、一人ひとり順番に説明をしているところでした。私が入った時には、自分が飼っているカタツムリの写真を見せて説明をしているところでした。私の英語力は以前にもお話したように、”ジス イザ ペン”のレベルですので、よくわからなかったのですが、カタツムリの名前が”カタ”と”ツムリ”らしい話をしていて、楽しくて思わず笑ってしまいました。

 英語の授業でAETを囲み、すべて英語で会話を進めるSEPROの授業がありますが、授業とは違った雰囲気でのびのびと楽しそうでした。ボランティアの先生も子どもたちに寄り添って支援していただき、とてもすばらしい先生です。この恵まれた環境、先生との時間を大切にしてください。生きた英語を学べるESS部、楽しみですね。

 学校長  栗原 公明