福島ひまわり里親プロジェクト[20180613]

ひまわりを育てて採種する里親となることを通して、福島復興にかかわる「福島ひまわり里親プロジェクト」がはじまりました。有志の生徒が集まって、まずは土の整備に汗を流しました。

 

 

緑化計画[20180613]

横浜市役所農業振興課より横浜市全体の緑化推進の取り組みとして、百日紅(さるすべり)とブルーベリーの苗木をいただきました。整美委員会の有志で楽しく植樹できました。百日紅は30年後の成長、ブルーベリーは来年の実りが楽しみです。

  

 

県公立高校入学者選抜選考基準[20180612]

進路説明会でもお知らせしましたが、平成31年度神奈川県公立高等学校入学者選抜選考基準及び特色検査の概要が、6月12日に神奈川県のホームページに掲載されました。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/nyusen/nyusen/h31/h31kijun.html

 

生徒総会[20180612]

平成30年度生徒総会が行われました。各委員会の代表生徒が壇上で年間活動計画を発表し、予算計画が承認されました。夏服期間ですが生徒たちは久しぶりに標準服に身をまとい、静粛な雰囲気の中で総会が行われていました。

  

 

進路学習(3年)[20180611]

今年度に入って何度目かになる進路学習です。中学校卒業後の進路と聞くと、ただ単純に高校進学・高校選びと結びつけてしまう人もいますがそうではありません。多様な時代、様々な生き方がある中で、そもそもなぜ学ぶのか、充実した人生とは何なのか、自分自身が考え、自己実現させていく力を育むことを目的に行っています。先日行った進路学習で、学ぶとどのようないいことがあるのかを生徒と考えたところ、「自分の知らない世界をより広く見ることができ、知ることができる。今の自分と自分の描いている未来の理想の自分とはつなぎ合わせることができる。」「自分の知らない世界に足を踏み入れることができる。そうすると自分の見える世界が広がって新しい発見ができる。」「自分の夢を叶えるためには専門的な知識や技術を身に着けることが第一歩として必要。逆に夢をかなえた人は学ぶこと・つらいことから逃げなかった人だと思う。」「好きなことをもっと深く知ることができる。「幸せ」を見つけたり深めたりできる。」といった、学ぶことに対して非常に肯定的な意見が次から次へと出ました。中学校卒業後は「高校に行かなければならない」ではなくて、「学びたいことがあるから」「夢があるから」「人生を豊かにするために」進学を考える、そのようなことを生徒と一緒に考えるのが進路学習です。

そういえば3年生の廊下には、進路関係のポスターや掲示物が増えてきました。

 

前期中間試験1日目[20180607]

前期中間試験が行われています。本日は、数学、技術・家庭、社会、美術。休み時間には、次の試験に向けて学習する生徒、前時の試験の内容について、正誤を確認する生徒たちの姿がありました。

 

 

部活動報告-バドミントン部[201800603]

6月2日~3日に神奈川県小田原アリーナで第1回 関東地区中学校対抗バドミントン強化大会が行われ、本校男子バドミントン部が出場をしました。6月2日に行われた予選リーグでは、神奈川県 領家中に3-0、埼玉県 赤見台中に2-1、茨城県 阿見中に3-0で勝利し、全勝で予選リーグを突破しました。翌日の6月3日に行われた決勝トーナメント1回戦では、静岡県優勝チームである、富士宮市立富士宮第四中に2-1で勝利し、準決勝に進出をしました。準決勝では、茨城県準優勝チームである、筑西市立明野中に惜しくも1-2で敗れましたが、見事第3位に入賞をすることができました。

今後は今月末から行われる総体予選において、市総体優勝、県総体優勝、関東大会入賞、全国大会出場を目指し、精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

部活動報告[20180604]

主に5月に行われた部活動の大会の結果についてご報告します。

 

バドミントン部
5月4日
神奈川県強化リーグ 男子団体 1位(全勝)
5月5日
横浜市総体 女子団体 3~6シード決め 1位(全勝)→ 3シード獲得
横浜市総体 男子シングルス 1~4シード決め 2位(2勝1敗)→2シード獲得
6月2日~3日
関東地区中学校対抗バドミントン強化大会 男子団体 3位入賞

 

 

ソフトボール部
5月4日 ソフトボール選手権(市大会) 3位

 

 学校便り5月号up[20180601]

学校便り5月号をupしました。

学校便り5月号

 

先月へ