学校長あいさつ

 

学校長 金井孝澄

 

 

 この度、2014年4月1日より引き続き上の宮中学校長として勤務いたします。金井孝澄でございます。本年で6年目となります。生徒の成長のため、学校・地域教育発展に尽力する所存でございますので、よろしくお願いいたします。

学校への期待がここ数年大きく感じられています。社会の大きな変化が学校の役割を増やしているとも思います。教員の多忙感は高まっておりますが、その期待に応えるべく日々努力を重ねております。そのような厳しい学校を取り巻く環境ではありますが、地域の皆様や保護者の皆様のご理解とご協力を得て子供たちの実りある成長をめざして参る所存でございます。また、これからの子供たちには学び続ける力が必要です。知識や情報があふれ本物が見えにくい時代になって来ていると感じます。常に選択と決定を迫られる社会において、よりどころを探し、本物を見いだし決定をしていく力が必要です。言い換えれば社会変化に対応する力を身につけることです。それは学び続ける力に他ならないと思っています。本校でも子供たちには「なりたい自分」を夢見て、常に学習していく原動力を身に付けさせ、自己実現に向けて努力する生徒を育成していく責任を感じております。昨年は40周年記念式典で地域の皆様、保護者の皆様には大変お世話になりました。次の10年に向けて継続可能な学校組織を目指して、教員の働き方改革や意識改革を含めて、常に学校組織も学び続け、成長して参ります。地域の皆様、保護者の皆様のご協力を重ねてお願い申し上げます。