この内容は家庭用保存文書として配布してあります。

市教育委員会の指示により、生徒の登校に関する注意措置について、次のように対応をお願いする文書を配布しました。

 横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に「防風警報」「防風雨警報」・「大雪警報」「暴風雪警報」が、午前7時の段階で発令中の場合は、安全確保のため、当日は「臨時休業」にいたします。なお、学校連絡網等での連絡はできませんのでご了解下さい。 また、生徒が登校した後(在校時)に上記の警報が発令された場合は、「授業は繰上げ」終了とします。生徒の下校については、状況を見て判断いたします。

 生徒の登校にかかわる時間は、おおよそ7時30分~8時40分頃と考えておりますが、この時間帯に、上記のような警報が発令されていない場合でも、風雨や雪が激しい場合などは各家庭で状況判断をされ、危険をさけてるよう気をつけてください。
 今後とも、悪天候等により危険と判断される場合は、TV、ラジオなどにより情報を把握され、安全と思われるまで、登校を見合わせるなど安全の確保について各家庭でご指導くださいますようお願いいたします。なお、横浜市ではホームページに防災情報を提供しています。
 平成16年8月には、東海地震警戒宣言は発令時についての対応について市教育委員会の指示がありました。
 

【東海地震警戒宣言等発令時の対応】

 横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に「東海地震発生警戒宣言」・「東海地震注意情報」が午前7時の段階で発令継続中の場合は、安全確保のため、当日は「臨時休業」といたします。また、生徒が登校した後(在校時)に同警戒宣言、注意情報などが発令された場合は、「授業繰り上げ」 として、原則として生徒は安全等を確認した後、下校させます。状況に応じては、学校でそのまま保護する場合もありますので、緊急連絡先など確実に学級担任に知らせておいてください。