気象警報発表時等の場合

登校前に警報が発令されたときの対応

神奈川県全域、又は神奈川県東部に午前6時の段階で「特別警報」「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」「降灰警報」のいずれかが発令・継続中の場合は、臨時休校とします。よって、特別な場合を除いてメール配信はしません。

午前6時の段階で、上記の警報が発令されていないが、その後まもなく発令される可能性が極めて高いと思われる場合は自宅待機をさせてください。その後、警報が発令された場合は、臨時休校とします。

「特別警報」「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」「降灰警報」を伴わない「大雨警報」「洪水警報」「大雪注意報」「降灰予報」については、平常授業となります。各ご家庭の判断により安全に配慮して登校させてください。「登校させない」「遅れて登校させる」場合には、必ず学校に電話連絡をお願いします。なお、交通機関が止まったり、登下校時に危険が生じることが予想されたりする場合には、「臨時休校」又は「授業時間繰り下げ」「授業時間繰り上げ」等の措置をとることもあります。

登校後に警報が発令されたときの対応

登校後、上記の警報が発令されるか、発令される予想が高まった場合は、速やかに「授業時間繰り上げ」等の措置を行い、すべての活動を中止し、安全確保のうえ帰宅させます。ただし、「降灰警報」につきましては、学校に待機させ、学校において保護者に引き渡すこととします。なお、下校した場合には、「警報」解除による安全が確認されるまで、自宅で待機させてください。

その他

臨時休校、授業時聞繰り上げ等の判断が難しい場合には、メール配信システム(南高等学校連絡網)にて適宜連絡します。

 

地震発生時等の場合

大規模地震が発生したときの対応

登校後、大規模地震(市内のいずれかで震度5強以上)が発生した場合は、原則として直ちに授業を打ち切り、直接保護者に引き渡すまで学校で保護することとします。

「警戒宣言」または「注意情報」が発令されたときの対応

登校前(通学中含む)に「大規模地震特別措置」に基づく「警戒宣言」または「注意情報」が発令された場合は、臨時休校とします。

登校後に「警戒宣言」または「注意情報」が発令された場合は、原則として授業を打ち切り、教職員の指導のもと、保護者に連絡をとった上で帰宅させます。ただし、連絡がとれない場合や、生徒の状況によっては学校において預かり、直接保護者に引き渡す等の措置をとることとします。市外等遠隔地からの通学者についても、同様の措置をとることとします。