ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

ようこそ、保土ケ谷中学校へ!

横浜市立保土ケ谷中学校

保土ケ谷中学校は今年度 創立70周年を迎えました。
これからもよろしくお願い致します。

 

更新情報

台風10号接近にともなう対応について

2016年8月26日

台風10号接近にともなう対応について

  先週に続き、来週はじめにも、非常に強い台風10号が本州付近に接近または上陸する可能性があります。

 29日の始業式で生徒のみなさんが元気に登校できることを願うばかりですが、自然災害発生時の措置として、保土ケ谷中学校では以下のように生徒の保護対策を定めています。

 万が一の場合は、以下の措置に従って行動してください。

 

■自然災害発生時の措置について■

次の場合は、お子さまの安全を確保するために登校を見合わせてください。

 

横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に「暴風警報」(これに大雨洪水警報がともなうものも含みます)、または「大雪警報」、または「暴風雪警報」が、午前7時の段階で発令継続中の場合。

2 

横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に気象警報の種類を問わず、「特別警報」が、午前7時の段階で発令継続中の場合。

市域のいずれかで震度5強以上の地震が発生した場合。
 ※この場合、原則として当日および翌日は休校となります。ただし、状況によっては学校長の判断で教育活動の継続が可能となります。

東海地震の警戒宣言が発令された場合。

 

 次の場合は、お子さまの安全を確保するための措置を講じます。

 

 

1         

 

 

 

学校のある時間に「震度5強」以上の地震が観測された時や東海地震「警戒宣言」が発令された場合は、授業を打ち切り、全校生徒の安全を確保します。その後、保護者が引き取りに来るまで学校で預かる(留め置く)こととします。

 

 

 

上記以外で天候等自然災害によって授業継続が危険と判断した場合は、校長が適切な措置を講じます。

平成26年1月17日改定  

6期生同期会

2016年7月21日

 6期生同期会

2016年(平成28年)6月13日(月)の午後、横浜駅西口近くのハマボール7階のベノア横浜店に1953年(昭和28年)に卒業した6期生の男子20名、女子21名と当時数学の教師であり放送部の顧問でもあった93歳の石原光先生に参加を頂き同期会を開催しました。
 西谷のボロ校舎で最後の卒業生だった6期生の有志が集まり開催した最初の同期会は、50歳直前の1986年(昭和61年)6月15日に天王町のヨコハマ平安閣(現モンテファーレ)で行われ、120名が集まり盛大に行われました。
それから3年毎に開催して30年がたち、今年で10回目になりましたが、元気な仲間が多数集まり楽しいひと時を過ごしました。
 卒業当時の6期生は7クラスで386名でした。その内、公立高校に進学した者は50名弱で進学率は30パーセント程度でした。ほとんどが保土ヶ谷中学が最後の学校でした。
 今回の同期会に案内状をお送りしたのは220名で150名から返信がありました。
 6期生は今でも毎年、新年会と一泊バス旅行を行っており30~40名が参加しています。
(文責 金子伸二)
 

6期同窓会

≪ 保土ケ谷中学校創立70周年がタウンニュースに! ≫

2016年7月4日

≪ 保土ケ谷中学校創立70周年がタウンニュースに! ≫

 地域情報紙として知られる「タウンニュース」の2016年6月30日号に、保土ケ谷中学校の創立70周年記念が記事として掲載されました。同窓会の方々が体育館の演台を寄贈したことがメインですが、本校が70周年を迎えたことが卒業生そして広く地域にお知らせできたことは大変嬉しく思います。
 紙面には「人物風土記」に、創立70周年記念事業実行委員長の「有澤文紀」さんも紹介されています。その中で、「人と誠実に向き合い、人の輪を広げてきた。生徒らにも『一生の宝』をつくってもらい、卒業生には母校を懐かしんでもらいたい」と述べています。
タウンニュース

タウンニュース2

バスケットゴールが設置されました

2016年6月30日

バスケットゴールが設置されました

平成28年6月末、サブグラウンドにバスケットゴールが設置されました。

これから、部活動などで使用していきます。

バスケット1バスケット2

バスケット

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる