「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、生徒の保護対策を次のように定めています。

 

学校は、以下の場合、臨時休校(お休み)や授業短縮などの措置をとります。
気象災害が予想されるときは、テレビ・ラジオ等により、情報を正確に把握するようお願いします。
 


1.登校前の暴風・大雪警報発令時

 横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に、『特別警報』『暴風警報』『大雪警報』『暴風雪警報』が午前7時の段階で発令継続中の場合は、生徒の安全確保のため、当日は「臨時に休校」とします。
 この場合、学校へ連絡する必要はありません。
 なお、暴風でも「注意報」の場合は、臨時休校にはなりません。
 


2.登校後の暴風・大雪警報発令時

 登校後に『暴風警報』『大雪警報』が発令された場合は、生徒の安全に十分配慮し、原則として「下校の措置」とします。
「大雨警報」や「洪水警報」については、状況に応じて「授業を切り上げて、早めに下校の措置」をとる場合があります。
 


3.東海地震注意情報・予知情報・警戒宣言発令時・震度5強以上の地震の発生時
 東海地震に関する発令があった場合、生徒の安全確保のため、当日は休校になります。また、  横浜市内で震度5強以上の地震が1箇所でも発生した場合、原則として当日および翌日は休校  とします。ただし、被害が少ないなど状況によっては、学校長の判断で教育活動の継続が可能  となります。


4.学校感染症が流行している場合
  インフルエンザなどが流行して、授業短縮や学級閉鎖などの措置をとる場合は、学校よりお知らせします。


5.その他
  学校は様々な安全対策をとっていますが、想定を上回る自然災害や非常事態が発生した場合は、生徒の安全を優先して状況に応じた措置をとりますので、ご協力くださいますようよろしくお願いします。