雷の音が鳴り響いています。

 雷から身を守るために、日頃から知識を身に着けておきましょう。

 まず、雷鳴が聞こえたら、可能であれば、建物、電車、車の中に入りましょう。

 なければ、建造物から4m以上離れた場所に姿勢を低くして、また、最低でも木の周り2m離れたところに姿勢を低くして待ちましょう(但し、保護範囲があり、低い建造物だと4mが保護範囲外にある可能性もあります)。

 私は、数年前まで木の真下が安全だと思い込んでいました。危険です。

 今は、調べる手段がたくさんあるので、ぜひ気づいたときに、ご自身でも雷から身を守る方法を確認してみてくださいね(この記事は気象庁のページを参考にしました)。