「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、生徒の保護対策を次のように定めています。 風水害等の「警報」発令時及び、震度5強以上の地震発生時における生徒の安全確保について      〇風水害等における学校の対応 •横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部または横浜・川崎)に「警報」が発表された場合、 各学校では、児童生徒の安全を最優先した防災対策を講じ、児童生徒への指導、保護者への 周知について十分な配慮を行なう。 •1. 登校前に。「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」が,発表された場合 (ア) 午前7時の段階で横浜市内に「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」が     発表継続中の場合は,児童生徒の安全確保のため、全市一斉に当日は    「臨時に休業」の措置を講ずる。 (イ) 遠足、修学旅行、体験学習なども原則として延期中止とするが、目的地には暴風警報、     大雪警報等が発表されておらず、出発を遅らせる措置をとれば安全な場合などは、     校長の適切な判断により、実施ですることができる。 (ウ) 午前7時以前に登校をしなければならない部活動の朝練習等の場合、     各学校で前日に天気予報の情報等から中止等の判断をする。 2. 登校前の「暴風警報」を伴わない、「大雨警報」「洪水警報」の場合   午前7時の段階で「暴風警報」を伴わない「大雨警報」や「洪水警報」については、   各学校や地域の状況に応じて校長が適切な措置を講ずる。 3. 登校後に「警報」が発表された場合  登校後に「警報」が発表された場合は、   各学校や地域の状況に応じて、校長が適切な措置を講じる。 •神奈川県の天気  http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/14/ •【防災情報Eメール】をご活用ください。(横浜市安全管理局) あなたの携帯電話に防災情報が届きます。 横浜市では、防災情報Eメールを活用することで、気象警報・注意情報等をはじめとする 防災情報をいち早く携帯電話等で把握することできるサービスをしています。 配信される情報 ①気象警報・注意報 ②河川水位情報 ③地震震度情報 ④津波情報 ⑤天気予報 ※受信する情報は選択できます。 携帯電話からの登録方法  携帯電話から以下のサイトにアクセスしてください。 http://www.bousai-mail.jp/yokohama •よくある質問 Q.「暴風注意報」が朝の7時に発令されていたら,どうしますか? A. 「警報」ではありませんので,基本的には通常通りの授業日となります。   ただし,安全を最優先させてください。無理をせずに登校するようにしましょう。   状況によっては,家庭の判断で登校を遅らせたり、見合わせることもあるかもしれません。 Q.「大雨洪水警報」朝の7時に発令されていたら,どうしますか? A. 「暴風警報」をともなっていないので,通常通りです。この場合も安全が最優先ということは  言うまでもありません。   「臨時休業」となるのは「暴風」または「大雪」の警報が単独で発令されている場合や,   他の警報や注意報とともに出ていることが判断規準です。 Q.「暴風警報」が7:15に解除された場合は,その後急いで支度をして登校すれば、   8:40の登校時刻に間に合いますが,登校したほうがいいですか? A. いいえ。あくまでも「臨時休業」の判断は午前7:00の段階での判断です。   その後解除されても,「臨時休業」は変わりません。登校の必要はありません。