7月14日(火)の5時間目に大掃除があり、普段では、なかなか手を回すことができないところまできれいに掃除をしました。いつも使っている教室の床や棚など、「ありがとう」の気持ちを込めて、たわしやスポンジでぴかぴかにしました。汗をかきながらも立膝を立て、力を込めて床などを磨く子どもたちの真剣な姿を見ることができました。また、高学年の児童は、低学年の児童の手本となり教室以外のみんなで使う場所も丁寧に掃除をしました。保護者ボランティアの方には、ご多忙の学校にお越しいただき、子どもの手の届かないところや難しいところの掃除をしていただきました。ご協力ありがとうございました。掃除を通して、感謝の気持ちを学びました。