学校長あいさつ

 

 本校は、大正8年の創立の学校で、本年度創立100周年を迎えます。横浜港を見下ろす浦島丘という小高い丘の上にあり、4階の教室からはみなとみらい地区が一望できます。学区には、東京と横浜を結ぶ国道1号線(第二京浜国道) が通っており、また、JR、京浜急行、東急線などの駅にも近く利便性が高い地域です。また、周辺地域は、江戸時代には神奈川宿として栄えた場所でもあり、「浦島太郎」の伝説を忍ばせる史跡も点在している歴史あるところです。そのため、本校の主な学校行事は、「浦島太郎伝説」とかかわりがある名称で統一されているのが学校の特色です。

 

  保護者・地域の皆様には、日々の登校の見守り活動をはじめとして、1年生入門期における支援「スマイル先生」や生活科でのまち探検の見守りや栽培活動、読書活動での「読み聞かせボランティア」など、学習や行事において様々な支援があり、学校教育を支えていただいております。

 

  今年度は新たに中期学校経営方針を見直し、学校目標である「自ら学ぶ子」の実現に向け、人、社会、未来とのつながりを大切にする子どもを育ててまいりたいと思います。また、今年度は、創立100周年の記念事業も計画しております。この記念すべき年を子どもたちと共に楽しみ、学校・家庭・地域で連携しながら盛り上げてまいりたいと思います。

 

  皆様のご協力とご支援を引き続きよろしくお願いいたします。

                                                                                               校長 鳥山 真

100周年記念マスコット「百年生の亀浦さん」