秋風が吹く、少し肌寒さを感じる中、「こどもの国」に遠足に行ってきました。こども動物園では、うさぎやモルモットと触れ合いました。膝の上に抱き優しく撫でたり、話しかけたりしました。グループで動物園の中を回り、他の動物にも興味を持ち、動物たちに話しかけながら見学しました。園内を移動する際はには、生活科の学習を活かして、どんぐりやまつぼっくりを両手いっぱいに拾ったり、秋の花を見つけて興味を持っていました。秋を感じながらみんなで食べるお弁当は、また一段とおいしそうでした。遊具遊びでは、クラスの垣根を越え、遊具遊びや鬼ごっこで楽しく遊ぶことができ、友達の輪がより広がったように思います。「一緒に遊ぼう!」「仲間に入れて!」とすすんで声をかける姿や、遊具やバスの席を譲る姿を見かけ、さらに成長を感じた一日になりました。