6月14日(木)、第1回学校保健委員会が行われました。

 第1回目は、言葉の掛け方によるよい人間関係のつくり方を学びました。相手の行動で嫌な気持ちになったとき、きつい口調で「やめろ」というのか、自分の行動を振り返り、優しい言葉で気持ちを伝えるのが良いのかを考えました。

 どちらが良いのか分かっていても、興奮しているとなかなか適切な行動がとれるわけではないのですが、みんなで話し合いながら自分の気持ちを振り返れたことで、よい学習になったと思います。

 話し合いの後に、学校カウンセラーの高橋先生に「会話のキャッチボール」についてお話をいただきました