水泳授業開始に合わせて、教職員によるAED安全研修が行われました。

 児童が危険な状態になったとき、職員室に知らせて救急車を呼びに行く人、AEDを取ってくる人と、明確な分担の指示を出すことが大切です。

 教職員は、実際を想定したロールプレイをしながら、救急処置の訓練をしました。

 実際に行われないことを願います。