12月15日(金)三崎漁港魚市場・日産自動車工場見学に行きました。市場では、冷凍されたマグロがずらりと並び、市場で働く人の様子を間近に見ることができました。「マグロの尻尾のあたりを輪切りにしたものでマグロの状態を見ているね。」「あの帽子に番号がついている人は、買い付けに来た人だね。」と社会科で学習したことを思い出しながら、子どもたちは興奮気味に見学していました。

 日産自動車工場では、自動車を組み立てるラインを見学しました。車のフレームがベルトコンベアーで流れる中、注文票を確認しながら、様々な部品の取り付け作業をしていることがよくわかりました。広い工場敷地内をバスで移動し、完成した車の国内輸送や海外輸出入のための港も見学しました。ガイドさんの説明から、工場では、大勢の人たちが働いているので5つも食堂があり、緑化活動などの環境問題にも取り組んでいることも知ることができました。学校から離れ、学習したことを確かめたり、今後の授業への意欲を高めたりする、実り多い社会科見学となりました。