5年 御殿場宿泊体験学習

1日目は、富士山トレッキングをしました。ガイドさんの話を聞き、動物のフンを見つけたり、鹿の被害にあった木を探したりしながら、緩やかな斜面を登ります。双子山の頂上に着くと、富士山の頂上は、まだまだ先。富士山の高さを改めて実感しながら大砂走を通って下山しました。

 

 

2日目は、カヌー体験をしました。天気に恵まれ、富士山がよく見える日でした。

3人一組でカヌーに乗り、湖に漕ぎ出します。でも、進みたい方向に進まず、3人の息が合うまでは、カヌーは右往左往。対岸まで行き、元の場所に戻ってくると、子どもたちは、達成感と疲労感でいっぱいの様子でした。

 

キャンプファイヤーでは、学年目標である「踏覇の火」を囲み、ゲームをしたり、踊ったり大盛り上がりでした。「絆」「ひまわりの約束」を、肩を組んで大合唱し、星を見あげ…… 

5年生が、ひとつになった素敵なひとときでした。

 

3日目は、酪農体験をしました。乳しぼりをしたり、餌やりをしたり、普段できない体験に、みんな目を輝かせていました。自分で作ったバターは、「最高においしかった」と満足そうでした。

 

 この3日間を成功させるために、実行委員たちが5月から準備を重ねてきました。しおりを作り活動紹介をした活動紹介実行委員。出発式や宿舎での「つどい」を担当した宿泊体験学習実行委員。キャンプファイヤーやバスレクを担当したキャンプファイヤー・レク実行委員。学年の旗を作った学年目標実行委員。自分の役割をしっかり果たし、宿泊体験を最高の思い出にすることができました。