愛川宿泊体験学習 6月6日~7日

 

 1日目、愛川ふれあいの村に着いてさっそく自然体験。『木ラリー』を実施しました。活動グループに分かれて、ふれあいの村をかけめぐっていました。“やった!コンプリート”という声があちこちから聞こえてきました。感想では、木ラリーが楽しかったという児童が多かったです。

 

 午後からは、藍染と機織り体験。最初は難しく考えすぎて進まない様子でしたが、慣れてくると、手際よく機織機を動かしたり、藍染の模様を自分独自にアレンジしたりして素敵な作品に仕上げることができました。手作りのミサンガにもとても喜んでいました。

 

 一日の終わりのキャンプファイヤー。

 絆の火、協力の火、努力の火、それぞれの火を火の神から受け取り、ファイヤーがスタート。クイズあり、ダンスありで盛り上がりました。一日にたくさんの活動があり、その日の消灯9時半はどのクラスもしっかりと守って、眠ることができたいへん立派でした。    !(^^)!

 

 2日目。宮ケ瀬ダム観光放水。インクラインに乗って、ダムの高さや角度に驚き、放水の迫力に圧倒されました。当日は、少し寒かったのですが、ダムの様子をしっかりとスケッチすることができました。

 

 午後からは、隣接するあいかわ公園と冒険の森で体を動かしました。来たことがある児童もいましたが、学年のみんなと過ごす貴重な時間を体いっぱいで味わっていました。1泊2日、達成感のある時間となりました。