50周年記念事業の一つとして、横浜みどりアップ事業のお力添えをいただいて、畑を改良して田んぼを作りました。昨年までは畑にビニールシートを敷いて田んぼにしていましたが、それだと水を抜くことができず、手作業で水抜きをしていました。左端の装置でこれからは簡単に水を抜くことができます。

 5月31日に浸水式を行いました。水を入れ、水田を完成させました。

 6月5日(月)に5年生が新水田で、初田植えを行いました。足がすっぽり入り、抜けず大変だったようです。

 これから、田んぼのプレートを作る予定です。