《宮本隊長の交通安全教室》

 

 毎年恒例で1年生に行っていただいている宮本隊長の「交通安全教室」 不審な人に出会った時の対処法や横断歩道で手を挙げるのはなぜかなど、分かりやすく紙芝居などを使いながらお話ししてくださいました。今回も、子どもたちに、「自分の身を守るのは 自分」という意識をしっかりともたせてくださる内容になっていました。

地域の方々の皆様の見守りのおかげで、安全に子どもたちが登下校できていると感謝しています。

 

《交通安全教室》

 警察署の方にご指導いただき、横断歩道の渡り方や歩き方、死角になる場所の確認など

丁寧に教えていただきました。教えていただいたその日の下校時にも、指さし確認が見られ、大きな声で「右よし、左よし。」と確認している子どももいました。今後も、子どもたちが続けていけるよう、学校でも声をかけていこうと思っています。