5月26日から校長室にはヤゴが同居していました。

 その日は職員でのプール清掃があり、プールからのヤゴ救出作戦を行いました。プールに、トンボが卵を産みます。この時期はプールではヤゴがたくさん泳いでいます。全部のヤゴは救えませんが、救えたヤゴは、校長室と1年生と3年生のいくつかのクラスで羽化させ、トンボとして飛び立たせたいと思いました。

 そろそろ羽化しそうだなと思い、校庭で拾った枝を入れて準備していました。羽化は夜中に行うことが多いので、朝学校に来て部屋の中を飛び回っているんだろうなと思っていました。6月10日に4年生の愛川体験学習から帰ってきたら、なんと2匹が羽化していて、殻だけが残っていました。もう1匹は12日の朝に羽化し、成虫になったトンボはカーテンにくっつき、飛び立つ準備をしていました。いつの間にかいなくなっていたので、空にとびたったのでしょう。

 つつじが丘小学校のプールに生を受けたトンボたち、青空を元気に飛び回ってほしいと願っています。