プロの話し方にふれ、おなかを抱えて笑い、見破れない手品にじっと見入る素敵な時間でした。 行き帰りは、バスに分かれて乗りました。