5年生のさわの里タイム(総合学習)でお米作りプロジェクトがスタートしました。

最初は苗づくりです。
JAさんから頂いた「バケツ稲」用の種もみを、土を入れた牛乳パックにまいて水をあげました。
種もみは数日で発芽して、長さ約15cmほどの苗に成長しました。

次に校庭にある金魚池「さわっち金魚広場」の2段目と3段目の畑に水を入れ
代掻きをして田んぼの準備を行いました。

6月8日(金)いよいよ田んぼに田植えを行いました。
子どもたちはひざまで泥につかって苗を植えました。
同時に児童それぞれでバケツ田んぼを用意して苗を植えました。
苗の半分は自分たちで育ててきた苗、そしてJA田川(山形県)から送っていただいた苗を植えました。
子どもたちはバケツと田んぼのそれぞれで稲を育てていきます。

6月15日(金)山形県からJA庄内たがわの方が
子どもたちにお米作りのお話をしに来て下さいました。
たくさんの写真をみせてもらいながら、
実際の農家さんのお米作りの様子を教えてもらいました。
子どもたちからの質問にもたくさん答えてもらいました。
これからはJAさんのアドバイスをもとにお米作りを続けていきます。