6-1スペシャルランチ

 校内をまわっていると家庭科室からとてもいい匂いが・・・。のぞいてみると、6年生が家庭科の調理実習をしていました。実習のテーマは、「一食分の食事を作ろう」。それぞれの班が、野菜炒め、チャーハン、オムライスなどなど、とても協力しながら作っていました。男の子はちょっと慣れない手つきで野菜を一生懸命切り、だし用の煮干しの頭を丁寧にむしっていました。

    

 そして、4時間目の終わり、子どもたちが職員室に調理したおかずを持ってきてくれました。見ると、お皿の上にいろいろなおかずが乗っていました。それぞれの班のものを少量ずつお皿に盛った、「6-1スペシャルランチ」です。子ども達の一生懸命さも伝わって、とてもおいしかったです。