◆なぜ 「持続可能な開発のため教育( ESD )」なの?◆
 今、世界には環境、貧困、人権、平和、開発といった様々な問題があります。ESDとは、これらの現代社会の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育です。

 2017 年 3月に公示された小学校学習指導要領において、「持続可能な社会の創り手」育成 が掲げられており、各教科においも関連する内容 が盛り込まれていす。 そこで、みなとみらい本町小学校では、環境、平和や人権等のESDの対象となる様々な課題への取組をベースにしつつ、環境、経済、社会、文化の各側面から学際的かつ総合的に取り組むこととしました。


◆持続可能な開発目標(SDGs)とは? ◆

 “2030年までに貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求しよう”

 大胆かつ新しい「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が2015年9月に国連総会で採択されました。そこに盛り込まれているのが、世界を変えるための17の目標「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」。途上国も先進国も含めた世界中の一人ひとりに関わる取り組みで、2016年1月から実施が始まっています。

 みなとみらい本町小学校では「SDGsの達成に向けて、自分たちはどんなことができるのか。」を、子どもたちの発達段階に合わせ、地域の課題と関連付けて取り組んでいます。学校や地域など身近な課題解決の先に、SDGsの達成があると考えたからです。このような活動を通して、子どもたちに、社会の一員として主体的に判断社参画よ うとする力や 、自分たちの生活を よりくする ために行動しうと力を育てることにも つながると考えています。


** 関連文献 **********************

◇文部科学省

http://www.mext.go.jp/unesco/004/1339970.htm

◇国連広報センター 

http://www.unic.or.jp

 

*****************************

 

 

◆ ESDの取組み(平成30年度)◆

 本校ではESDを学校経営の柱とし、学校教育目標「みな(皆)と みらい(未来)を創る子」にせまる5つの資質能力を設定して、持続可能な社会を担う子どもの育成を目指してきました。学年・学級でも、生活科・総合的な学習の時間を核としたESDの取り組みを進めて参りました。「みなとみらい」にある様々な社会課題の解決に向けて、子どもたちは調査・インタビュー活動や体験活動を通して、自分事として課題をもち、社会参画しながら探究的な活動を展開することができました。

 活動に際しまして、保護者の皆さまや地域の方々、外部機関の方々には、子どもたちの活動にご助言やご支援をいただきまして、ありがとうございました。おかげさまで、子どもたちの活動が深まることができました。

 今年度を終えるにあたり、子どもたちの変容と成長した姿をまとめた学校リーフレットを作成しました。今年度の活動が来年度につながり、さらに広がっていけるように取り組んで参りたいと思います。

 

ESDの取組(学年・学級)H30 

 

 SDGsロゴ