学校教育目標:「みな」と「みらい」を創る子

 

◆学校目標設定の理由◆

「みな」とは学校内だけでなく、保護者・地域、企業など様々な人を含んでいる。人とのつながりを大切に、協働的な活動を通して、まちを愛し、まちから愛される子どもを育んでいく。社会とのつながりから、さまざまな立場や視点から事象と向き合い、課題解決学習を通して、より高い課題へと探究的に学び続ける。そのような姿が、現代社会の多種多様な課題に対応できる子であろう。

「みらい」とは義務教育の範囲だけでなく、子どもたちが創っていく未来や社会の在り方を含んでいる。グローバルな視点をもちつつ、身近なところから行動できる。そのような姿が、持続可能な社会の実現に向けて、よりよい社会や新たな価値の創造できる子であろう。

 学校教育目標を通じ、先進的な「みなとみらい」地区の小学校として、「ひと・もの・こと」の豊かな資源を活かした教育活動から、持続可能な社会の担い手を育んでいくことを目指していく。

 

 

 

◆学校教育目標にせまる5つの資質能力◆

「多様性を認められる」 

  自己の内面と向き合い、自他の違いを認め、多様な文化や

  価値観を他者と共有しながら協働することで、自分なりの

  考えを見出せる子

「多面的・多角的に物事を捉える」

  一つの側面だけでなく、さまざまな立場や視点で物事を

  柔軟に捉えられる子

「問いを見いだして学び続ける」

  繰り返し身近なものに問題意識をもち、探究的に解決を

  することを通して、よりよい社会や生活を創ろうとする子

「まちに愛着をもつ」

  まちと学び、これからの私たちのまちの未来を考え、

  語ったり考えたり、行動したりし、このふるさとに

  誇りをもつ子

「豊かな心をもつ」

   豊かな感性を養いながら、多様なかかわりの中で自己の

  心身と向き合い豊かな心や健やかな体を育む子