ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム蒔田小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

  

更新情報

1年生、やさしい先輩になる

2017年2月23日

 もうすぐ2月も終わりです。今年度も残り4週間となりました。

 

 この時期、蒔田小学校に幼稚園児・保育園児が訪れます。この春、小学校に入学する子どもたちです。

 それを迎え、「蒔田小学校はこんなところだよ」と教えるのは、今の1年生たち。周到に準備をして、入学時の不安を少しでも和らげることができるよう、交流をします。

 ここまで、小学校の中では常に「教えてもらう」立場だった1年生も、すっかり成長して頼もしくなったなあという感じがします。

 

1年生と園児たち、顔合わせをしていざ出発!

 

ランドセルだよ!タタメット(防災用ヘルメット)の使い方も教えるよ!

 

円形校舎の屋上から見る景色はいかが?どんなお花が咲くのかな?

 

 校舎内を隅から隅まで案内したり、教室で実際に使う道具を見てもらったり、4月に入学する園児たちが小学校に慣れることができるよう、1年生が一生懸命に説明をしていました。

 

 考えてみれば、1年前には自分たちがこうやって案内をしてもらっていたわけで、今回の1年生の姿に大きな成長を感じることができました。

 

 この日をはじめ、近隣の様々な幼稚園・保育園が、全3回にわたって来校します。少しでも小学校入学に安心してもらえるといいなと思います。

 来年度入学する皆さん、蒔田小学校で待っています!

5年生、私たち、ぼくたちテレビクルー!

2017年2月21日

 5年生の社会科では「情報」の内容を扱います。

 その一環で、NHK横浜放送局で行われる「NHK放送体験クラブ」に参加してきました。

 

クロマキー体験。テレビ画面では右のように映ります。

 

 この「NHK放送体験クラブ」、実際にニュース番組を作成します。実際の放送局と同じように、キャスター・リポーター・カメラマン等だけでなく、フロアディレクターや音声、カンペ係まで、番組制作に必要な仕事を子どもたちで割り振って、本物の機材を使った番組作成を行います。

 

 

 横でNHKの専門スタッフさんたちが仕事を教えてくださるのですが、子どもたちは初めてのことにドキドキ。それでもしばらく挑戦しているうちに、しっかりできるようになります。

 

 その他、ニュース番組の作り方などについて、別室で説明もありました。

 放送体験も併せて、日頃何気なく見ているニュース番組がどのように作られているのを知り、また新たな視点や考えを得られたのではないかと思います。

 きっといろいろな番組を見るたびに、この日のことを思い出すことでしょう。

 

 

 

 

 

地震はいつ起きるか分からない

2017年2月20日

 15日に、今年度最後の避難訓練を行いました。

 

 最後の避難訓練は地震の発生を想定したものでしたが、今までの訓練と違ったところは、「2月に避難訓練はあることを予告しているが、それがいつかは知らされていない」ということです。

 地震はいつ、突然に起きるか分かりません。それを想定しての訓練でしたが、子どもたちは今までの訓練で身に付けたことを生かし、整然と避難行動をとることができました。

 

 今年度の訓練はこれで最後となりますが、3月には全校一斉の防災授業を行う予定です。

 

 また今年度の反省をもとに、より安全な避難の仕方を、校内で検討していきます。

6年生、横浜市会を見学する!

2017年2月20日

 6年生には、社会科で「政治の仕組み」について学習する単元があります。

 それに関連して、昨年度までは東京見学で国会議事堂を訪れていましたが、今年度から東京見学をキッザニアにした関係で、横浜市会を見て議会の有り様を学ぶこととしました。

 

 蒔田小学校から市会議事堂までは、地下鉄ですぐの距離。地下鉄の乗り方も、さすが6年生。

 市会議事堂の外で、説明を受ける。

 議事堂の中ではまず会議室に通され、説明を先に受けるグループと、本会議場を先に見学するグループに分かれ、途中で交代しました。

 本会議場では、まさに今、定例会の真っ最中。市長の答弁や、市会議員の質問などを実際に見ることができました。内容も自分たちの身の回りのことなので、興味がわいたようです。

 途中、「蒔田小学校の皆さん、おはようございます」と議長に声掛けをいただく一幕も。元気よくあいさつを返すことができました。

 

 本会議を傍聴できたのはわずか20分くらいでしたが、国会議事堂にはない身近さと実際の議会の様子を見られたことはよかったと思います。

 

 この後横浜公園で、小学校最後になる、おうちの方に作っていただいたお弁当を食べ、5時間目に間に合うように学校へ戻ってきました。

 

見よ、6年生にふさわしい、この快晴!!

 

 小学校最後の校外学習にふさわしい体験となりました。 

学校の姿を見ていただく機会として

2017年2月20日

 蒔田小学校では、年に2回、地域・PTA等の代表者をお招きして「まちとともに歩む学校づくり懇話会」を開催しています。

 今年度の2回目は、2月13日に行いました。

 

 例年は夕方から実施していましたが、今年度は午前中からの開催にし、授業参観をしていただいたり、給食を召し上がったりしていただきながらの話し合いを行いました。

 

 授業参観では、ちょうど卒業生に感謝の気持ちを表すための会を準備する「縦割り活動」を行っていました。日頃あまり目にすることのない活動だけに、参加者からも多くの質問をいただきました。

 

 その他、学校の取組についての説明や研究活動の成果、学校評価アンケートの結果、来年度の予定等についてお話をさせていただきました。

 

 また、参加者の皆様からも、学校評価に関わる言葉をいただきました。概ね、本校の取組を好意的に捉え、評価していただくことができました。

 

 なかなか、学校の実情についてお話しする機会がないので、双方にとっていい機会であったと思います。頂いたご意見を、これからの学校運営に生かしていきます。

 

ありがとうございました。

学習の成果と課題、生活の傾向を知るために

2017年2月13日

 2月に入ると、横浜市の「学力・学習状況調査」が行われます。

 蒔田小学校でも先週、2日間にわたって実施しました。

 

1年生は初めての調査ですが、真剣に取り組んでいました。

 

先生たちも机間を回りながら、優しく見守ります。

 

 この調査の目的は、各校の学習状況について分析的・総合的に把握することで教科指導や学習評価の改善に生かすことと、児童自らが学力向上の手掛かりにすることです。

 

 同時に実施した「生活・学習意識調査」の集計結果と、「学力・学習状況調査」の結果を合わせ、蒔田小学校でどのような力がつき、どのようなことが今後の課題になるのかを分析して、これからの授業や教育活動に生かしていきます。

 

 結果については、今年度中に各ご家庭にお返しいたします。ご確認の上、子どもたちの良さの発見や、今後の課題の把握と取組方針の決定に活用いただければ幸いです。

10年間の感謝の気持ちを込めて

2017年2月10日

 4年生は、10歳になる年。

 10年を一つの区切りとし、自らの成長を喜び、感謝の気持ちを表す「1/2成人を祝う会」を、毎年4年生が1月末から2月初頭に行っています。

 

 今年は、第一部【成長~これまで~】と第二部【感謝~これから~】の2部構成で実施しました。

 

 第一部は、長縄のチャレンジからスタートし、10年間で自分ができるようになったことや得意なことを、いくつかのグループに分かれて発表しました。

 

 

 朗読やダンス、剣玉や楽器、跳び箱、劇、縄跳び・・・すべての写真を紹介しきれませんが、4年生一人一人が自信をもって「自分の成長」を発表する様子が見られました。

 ひとつひとつの発表が終わるたびに、保護者の方々からだけでなく、同じ4年生同士からも大きな拍手が沸き起こっていました。

 

 第二部は、映像で今までの成長を振り返り、その後、感謝の気持ちを込めた「よびかけ」を行いました。

 

 子どもたちからの「10才のありがとう」の気持ちを込めた歌があり、そして来ていただいた保護者の方に対して、自分たちの思いをつづった手紙を各々が手渡しました。

 

 

 保護者にとっても、長かったようであっという間だった10年間ではなかったかと思います。子どもたちは、たくましく元気いっぱいに成長してきました。

 この10年を互いに振り返り、これからにつなげていける会になったのではないかと思います。

 ご多用の中、足をお運びくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

 

 

  体育館外には、図工の作品を掲示させていただきました。子どもたちの成長が伝わる力作ぞろいです。

 

 

蒔田っ子のけがをなくそう!

2017年2月9日

 5年生の体育、保健領域の学習の中に、「けがの防止」という内容があります。

 先日の体育朝会では、学習を終えた5年生が、学んだ内容をもとに「蒔田小学校のけがをなくそう」と、全校に呼びかける取組を行いました。

 

 プロジェクターで、自分たちが見つけた「危険な場所」を映しながら、「気づき」「考え」「実行する」の視点から、どのようにしていけばよいかを発表しました。

 

 映像を見ていた他学年の児童も、「あ、あそこだ」「あるある」という反応を返していました。自分たちの身の回りを振り返り、改めて考えるよいきっかけになったのではないかと思います。

 

 発表した5年生も、たいへん堂々として立派な態度でした。

真剣に話を聞きました。

 

 何かをするときに、危険ではないか、と「気づき」「考え」「実行する」姿勢を大切に、これから蒔田っ子のけがを自分たちが意識して減らしていければいいな、と思います。

 

個別級の晴れ舞台

2017年2月8日

 2月の朝会で発表をした翌日、個別級は合同学習発表会の当日を迎えました。

 会場となるのは、南公会堂。できたばかりの真新しいステージが発表の舞台です。

 

 いよいよ、発表本番!

 

 

 大きなホールで、たくさんの人に見ていただきながらの発表は多少緊張もしたかと思いますが、終始笑顔を絶やさず、自信をもってやりとげる姿が見られました。

 

 こうやって堂々と発表ができるのも、日頃の学習の積み重ねの成果だと思います。

 発表を終えた後の子どもたちは、一回り成長したように見えました。

 

 学校に戻ってきた子どもたちに「がんばった?」と聞くと、満面の笑みが返ってきました。

 

 他校の発表もしっかり見られた様子。子どもたちの大きな成長が見られた1日でした。きっと子どもたちにとってもよい経験となったことでしょう。

2月の朝会でGボール発表!

2017年2月1日

 蒔田小学校の朝会は、月に一度、第一水曜日に行います。今月は初日が朝会に当たりました。

 

 まず副校長先生のお話がありました。

健康と成長についてのお話がありました。

 

 さて、明日個別級は合同学習発表会が行われます。朝会で、そのGボールの演技披露を校内に向け行いました。

 

音楽にのって、練習の成果を披露します!

 

 Gボールは実際やってみると、見ている以上に難しいのですが、軽々と技を行う子どもたちの様子に、今までの取組の積み重ねを感じました。

 「上手だったね」「すごいね」の声に、とてもうれしそうな笑顔が見られました。

 南区の皆さんの前での発表も、自信をもってやってほしいと思います。

 

 最後に、児童支援担当の先生から、今月の生活目標についてのお話がありました。

今月は「ありがとうの気持ちを伝えよう」です。

 

 2月は28日間。今年度も残すところあと2か月。全力で取り組んでいきたいと思います。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる