はじめまして

 

 着任して5年目となりました宮生和郎と申します。今年度で146年の歴史を誇る子安小学校で校長職5年目を迎えることができて大変光栄に思います。おかげさまで今年4月には新校舎で新年度を迎えることができました。8月までは校庭が工事中ではありますが、校舎内がとても明るく広いため快適な学習環境となっています。保護者の皆様、地域の皆様のお力をお借りして、これからも子どもたちとともに笑顔あふれる子安小学校を創ってまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。何より「子どもが明日も行きたくなる」学校でありたいと思います。そして保護者が安心して「いってらっしゃい」と送り出せる学校、地域の皆さんが未来を託せると思える学校を目指してまいります。詳しくは学校経営方針のページをご覧ください。

  

 少し自己紹介をさせていただきます。私は昭和63年に横浜市に採用されて以来、養護学校1校、中学校2校に在職し、平成19年4月から7年間横浜市教育委員会で主に教育相談、児童生徒指導の分野で仕事をし、平成26年4月に子安小学校への着任となりました。大学で海洋生物学を学び、何と卒論のテーマが子安貝(タカラガイ)の生態だったのです。これも何かの縁かと思います。

  

 それから私はけん玉が好きで休み時間には子どもたちと校長室や多目的室でけん玉をしています。平成5年に日本けん玉協会公認の初段を取得していましたが、初年度子安小学校の子どもたちとともにもう一度初段からトライし、子どもに抜かされながらも何とか1年後には初段に合格しました。以降1年ごとに一段ずつ昇段し、ようやく一昨年の9月四段に合格しました。五段に挑戦中ですが私にとっては大きな壁となっています。子安小学校ではオヤジの会の皆さんの協力を得ながら、毎月1回けん玉教室とけん玉検定会を実施しています。これからホームページに開催日時を掲載する予定です。保護者の皆様もけん玉検定に奮ってチャレンジしてください。