歯科検診がありました。歯は一生使うものです。大切にしたいものです。磨き方は低学年の方がきれいに磨けている児童が多く、高学年になるにつれて少し磨き残しが多くなってきます。

 低学年のうちは、おうちの人が仕上げ磨きをしてくれているのかもしれません。手足の擦り傷程度なら自分で治す力が備わっていますが、歯の場合は小さな虫歯であっても自分で治すことはできません。歯磨きの習慣をしっかりとつくっていきたいです。

 本年度の学校保健委員会でも歯の健康等について扱います。