ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム港南台第一小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

更新情報

読み聞かせボランティア「おはなしポケット」

2019年7月17日

 

読み聞かせボランティア「おはなしポケット」

ご一緒に活動していただけるボランティアを募集しています。
 → こちらをご覧ください(作成中)

 

 今年度(令和元年度)読み聞かせをした本の紹介       

    

図書(保護者)ボランティア活動について  

【活動内容】
 学校図書館の書架の整理・整頓、本の修理、ディスプレイ作成等

※ボランティア登録が未だの方も自由にご参加ください。
※ご都合のよい日・時間のみご参加ください。

【活動場所・時間】
 図書室 9:00~11:45

【活動予定日】
 毎月 第1水曜日・第3水曜日 (8月はお休み)
 年内予定 9/4  9/18  10/2  10/16  11/6  11/20
       12/4  12/18

 

緑のボランティアさんの活躍(校長ブログ2019)

2019年7月11日

 本校には多くのボランティアさんがいらっしゃって、様々なところで学校の教育活動をご支援いただいています。「緑のボランティア」さんもその一つです。校門前はいつもきれいな花が咲いています。夏になると雑草もたくさん生えてきますが、きちんと草むしりがされています。これらは「緑のボランティア」さんのおかげです。皆さんが気づかないところで学校のため、子どもたちのために尽力されているボランティアさんたちです。
 ふだんの学校生活の中で、かげながら応援してくださっているボランティアさんに気づき、感謝の気持ちを持てる子どもたちになってほしいと思います。

 
 

 緑のボランティアでは、一緒に活動してくださる方を募集しています。詳しくは下記をご覧ください。
(【お知らせ】に常時掲載しています。)

 → 緑のボランティア募集

6年:2日連続出前授業(校長ブログ2019)

2019年7月10日

 6年生が7/9と7/10、2日連続で出前授業を行いました。昨日の「喫煙防止教室」に続き、今日は「携帯・スマホ教室(サイバー犯罪防止教室)」でした。講師には港南警察のスクールサポーター有川清美さんをお招きしました。内容は携帯やスマホに関わることだけでなく、犯罪やいじめに関わって幅広く話をしていただきました。昨今、未成年者の痛ましい事件も多く報道されています。子どもたちが加害者にも被害者にもならないよう、学校では警察や関係機関と連携して、このような出前授業も計画しています。

 

「いじめられた子の心」を紙に例えた話が印象的でした。

いじめられる前の心・・・折り目のないきれいな紙
いじめという行為・・・・紙をくしゃくしゃにする
謝罪・関係を修復・・・・紙をきれいに伸ばして広げる
いじめられた子の心・・・伸ばしても元に戻らない、傷跡が残る

 子どもたち一人ひとりの心に今日の話がひびき、人の気持ちを考えられる優しい人になってほしいと心から願っています。まわりに流されず、単に楽しさに流されず、感情をコントロールして、良くないことは決してしない強い心を持ってほしいと思います。

災害時の拠点となる(校長ブログ2019)

2019年7月6日

 大規模地震等の災害が起こったとき、学校は地域防災拠点として開設し、自宅に住めない方の避難場所になります。この地域防災拠点を運営しているのは学校ではなく地域の方たちです。それを行政(横浜市・港南区)がバックアップしています。地域・自治会に防災担当の方がいらっしゃると思います。日頃から災害に対する意識を高め、いざという時に備えることは大切なことです。
 7月6日(土)、港南区防災ライセンスリーダー講習会が本校で行われました。港南区全体の講習会ですが、本校を会場として行われるため、港南台第一小の防災拠点運営委員も合同で参加しました。防災拠点に配備してある機材の扱い方を学ぶ講習会でした。小雨の降る中、大勢の方が参加されました。

 
 

 地域にいらっしゃる防災担当の方々は、日ごろから研修をして知識とスキルを高めていらっしゃいます。それがいざという時に自分たち・周りの地域の人たちを守る力となっています。災害時には、「自助→共助→公助」と言われています。私たちみんなが日頃より防災意識を高め、自助・共助できるようになることが大切だと感じています。

オリンピック集会(校長ブログ2019)

2019年7月4日

 7月4日(木)の全校集会は、1年後に迫った東京オリンピック2020に向けて「全校で盛り上げていこう!」「オリンピックについてもっと知ろう!」という子どもたちの思いで、オリンピッククイズを行いました。提示物や演技に工夫を凝らして、スポーツ委員会の子どもたちが計画・運営しました。

 

 日本で開催されるオリンピックを経験できるのは、子どもたちにとっては一生に一度かもしれません。もしかしたら二度めを経験できるかもしれませんが、何とも言えません。昭和39年の東京オリンピックを経験されている方は、2020年は2度目になります。子どもたちの祖父母の世代の方々は前回の東京オリンピックの記憶もあるのではないでしょうか。
 一生に一度の経験かもしれない自国開催のオリンピック。さらに東京という近くでの開催です。横浜が会場となる競技種目もあります。(野球の横浜スタジアム等)なかなか観戦チケットは取りづらいですが、この1年、学校でも東京オリンピック2020に向けて盛り上がっていきたいと思います。

4年生 愛川体験学習(校長ブログ2019)

2019年7月1日

 6/28(金)~6/29(土)、4年生が愛川ふれあいの村へ宿泊体験学習に出かけました。出発の前日から台風が心配でしたが、警報も出ることなく無事に出発できました。1日目は台風一過で日差しも出て、とても蒸し暑い日となりました。そんな中、子どもたちはとても良く頑張りました。最初の目的地は宮ケ瀬ダムです。

 

 宮ケ瀬ダムの高さは156m。東京タワーの約半分の高さです。ダムの上側でバスから降り、放流を見学するためダムの下まで行きます。みんなで階段で降りました。なんと498段でした。子どもたち(先生も)頑張りました。無事に放流の時刻に間に合い、毎秒30tの水量の豪快な放流を見学することができました。週に1度の放流を見ることができて幸運でした。

 
 

 ダム見学の後、愛川公園へ移動してお弁当を食べました。保護者の皆様、朝早くから準備をありがとうございました。蒸し暑い中たくさん歩き、ばてていた子どもたちも美味しいお弁当で体力を回復しました。午後は入村式をして愛川ふれあいの村に入りました。部屋でカードゲームをしたり、村の敷地内で遊んだりして過ごしました。

 

 夕方になり、みんなが楽しみしていたキャンドルファイヤーです。実行委員がしっかり計画準備をし、司会進行も立派に務めました。歌やダンス、仲間づくりゲームなどで大いに盛り上がりました。キャンドルファイヤーの後は、これも楽しみにしていたバイキング夕食です。お腹がすいていて、みんなたくさん食べました。(食べすぎはだめです。)

 

 楽しい夜を仲間と過ごし、2日目です。天気はあいにくの雨模様でしたが、藍染め体験は室内なので予定通りできました。染料の独特な匂いの中、広げてみて初めて模様がわかる楽しさを味わっていました。できあがりは本当にどの子の作品も素敵でした。藍染め体験の後、組みひもも体験しました。好きな色合いのものを選び、ミサンガとして持ち帰りました。

 
 
 

 2日間の体験学習は全員参加で無事終了しました。仲間との絆を深め、思い出深い体験学習となりました。一回り大きく成長した4年生。この経験は今後の学校生活に生きてくることでしょう。

特設陸上クラブ始動!(校長ブログ2019)

2019年6月26日

 今年度も子どもたちの「体力向上を目指したい」「速く走れるようになりたい」という願いのもと、5・6年生の希望者による特設陸上クラブがスタートしました。子どもたち一人ひとりが目標を持って意欲的に取り組み、運動が楽しいと思える機会となるよう朝練を行っています。練習日の何回かは港南台第一中学の陸上部(本校OB)も来てくれます。
 特設陸上クラブの朝練に参加する児童の中で、希望者は港南区陸上競技会へも参加します。指導は本校職員が行います。学生時代に陸上部や野球部、バスケット部などで活躍してきた運動大好きな職員も多くいます。

↓バウンディングの練習です。走力を上げる効果的な練習です。

6年生 音楽朝会発表(校長ブログ2019)

2019年6月25日

 6月最終火曜日、今日は音楽朝会でした。6月は6年生が発表します。さすがに最高学年です。曲調を見事に捉え、澄んだ綺麗な歌声で下級生たちに「さすが」と思わせる発表でした。

 今月の歌は「いのちの歌」です。なかなか難しい歌だと思いますが、低学年の子どもたちも一生懸命歌ってきました。最後に全校で歌声を合わせました。

5年生御殿場体験学習(校長ブログ2019)

2019年6月24日

 6月14日(金)~15日(土)、5年生が御殿場「国立中央青少年交流の家」へ宿泊体験学習に行ってきました。御殿場へ宿泊体験学習に行くのは今年度が初めてです。
 スローガン「5年生 100点満点 バッチグー 御殿場へ マッハ5GO!」を合言葉に、仲間と協力し合って、オリエンテーリング・キャンプファイヤー・野外炊事(カレー作り)と、充実した2日間を過ごしました。
 2日間で大きく成長した5年生。高学年としての自覚を持ち、この経験を今後の学校生活に生かしていくことでしょう。

 

世界へ届け!私たちの思い(校長ブログ2019)

2019年6月22日

 6月21日(金)、港南区民文化センター(ひまわりの郷)において、「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト港南区審査会」が行われました。このスピーチコンテストは平成8年から開催されており、今年で第24回目を迎えます。校内審査会を経て選ばれた学校代表の6年生が参加しました。(左の写真が校内発表、右の写真が港南区審査会)
 テーマは「国際平和のために今自分ができること」です。港南区内小学校の学校代表の児童が一人ずつスピーチを行います。それぞれが学校代表に選ばれただけあって、全員素晴らしいスピーチでした。本校代表の6年生も「あいさつは勇気」というタイトルで、挨拶の大切さを訴え、挨拶によっていじめをなくし、平和な世界を創っていこうと呼びかけました。挨拶をするのには少し勇気も必要です。その勇気を出して挨拶をしようという思いが、参加者の心に届く立派なスピーチでした。

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる