13日(月)白石康次郎さんが来校され、全校児童へ向けてお話をしてくださいました。最も過酷なヨットレースと呼ばれる「ヴァンデ・グローブ」に出場した白石さんを全校で応援して来ました。昨年11月には南大西洋上の白石さんとスカイプでつなげてのやりとりもしました。残念ながら途中で船が故障しリタイアとなりましたが、白石さんからはみんなからの応援へのお礼と、レースやリタイアしたときの様子、そして次回4年後のレースへの思いなど、熱く語っていただきました。

 夢に向かうこと、好きなこと・得意なことに思いっきり取り組むことの素晴らしさ、自分を人と比べず自分のもっているものを信じることの大切さなど、子どもたちはたくさんの勇気とエールをいただきました。4年後のレースもみんなで応援したいと思います。