4月23日(木)に1年生を迎える会がありました。誘導のお兄さんお姉さんの後に続いて入場した1年生はまだ少し緊張していましたが、温かい拍手を聞いて少し安心したようでした。

 

  各学年からの出し物では、2年生は「1年生になったら」の替え歌で、3年生は「森のくまさん」の替え歌で学校のことを紹介しました。4年生は、心を合わせて元気あふれる「ハッピーメロディー」を披露しました。5年生は「大切なもの」で美しい歌声を聞かせてくれました。6年生は幸ケ谷小の自慢である、百人一首や長縄などを実際にみせてくれました。さらに息がぴったり合ったソーラン節で、1年生だけではなく全校のみんなを盛り上げました。どの学年も1年生のことを考え、幸ケ谷小学校は、みんな優しくて、楽しいところだよと教えてくれました。

 最後には、「勇気100%」を歌い、全校の歌声が体育館に響き渡りました。すっかりと緊張もほどけ、1年生も笑顔で全校の仲間入りをすることができました。